2016年08月26日

タメ口と丁寧語のはざま

子ども達に教える日本語と大人に教える日本語ではいろいろと違う点があります。
その最たるものが”タメ口”と”丁寧語(です、ますを使う)”、こどもどうしの会話で丁寧語を使うと不自然です。

これが大人になると、場面や付き合いの長さや親密度や年齢によって使い分けることになります。

日本人の場合無意識に使い分けますが、外国人が日本語を使う場合は案外大変なようです。
どういう場で日本語を使うかにもよるのでしょうけれど、日本人同士では想像つかないような不便さや違和感もあるようです。自分が外国人だと想像すると動詞の活用が大変

そう。

インドネシア人の女性で日本人男性と結婚している奥さんの中には、おそらく耳からの日本語で言葉を習得したにちがいないと思う人がけっこういます。赤ちゃんが言葉を覚

えるのと似ているのでしょうか。そういう人は、ほぼ初対面の人でも普通にタメ口で話しかけてきます。
他人と日本語であまり話したことのない奥さんにとっては当然のことでしょう。
それが、例えば子どもが学校に通いだし、他の母親達と会話をしだすとだんだんと違いが分かってきて、”タメ口”をちょっと品のない言葉のように思いこんで、日本人の母

親との会話に臆病になったり、付き合いを避けたりする人もでてきます。

日本人は総じて外国人の日本語には寛容なので(多分)、そこまで臆病にならなくてもよさそうなのにと思う反面、タメ口を使わない、例えばPTAの話し合いの時や、全く初対

面のしかも年下の人からいきなり話かけられると、ちょっとびっくりするかもしれません。

こういう事情もあって、大人に教える場合は丁寧語を教えています。安全策です。

ひるがえって、日本人の場合はどうなんでしょう。この使い分けにも個性が出てくるような気もします。
その基準は何に左右されるのでしょうか。。。

自分はどうだろう、家族や旧友、親しい友人は別として、未だに誰に対してもタメ口と丁寧語のはざまを行ったり来たりしているような。。。
ただはっきりしているのは、年上の人に対してはなかなかタメ口は使えません。どうしてなんでしょうね。

こんなことを考えていた時、テレビにロボットが登場して、フランス人の研究者が実験的にロボットと同居する様子を映していました。
別れる時には不思議な感情が湧いてきて、我が子ともちがう勿論恋人のようなものとも違う、それでも別れがつらいといいましょうか、そんな感じでした。

日本で開発されているロボットの場合、タメ口と丁寧語、どちらが多いのでしょう。
使う場面での区別は勿論ですが、身体の大きさででも区別するのでしょうか。

そういえば、ネットの世界では相手の本当の年齢が謎の場合も多いです。
そうなるとなかなかタメ口は使い辛くなります。安全策で、どうしても丁寧語になってしまいます。
”はざま”もなく、いきなりジャンプするかのようにしてタメ口を使っている人をみると不思議でなりませんし、羨ましい気もします。

たかがタメ口と丁寧語の違いひとつをとっても、
人と人との関係って、家族って、友情って、恋愛って、信頼関係って、尊敬って、文化の違いって、言葉の違いって、考えだしたらきりがありません。

AIの登場って、超最新の自分探しの旅かもしれませんね。^^



Posted by remem at 11:03│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。